生涯教育(CE)

« 第183回コラム「Ambulatory Care Pharmacist〜PGY-1レジデンシー経験を通して〜」 | トップページ | 第11回日本薬剤師レジデントフォーラムのお知らせ »

2021/08/31

第184回 「知らざるを知らずと為す是知るなり ~米国からZoomを介して、日本の薬学生との意見交換~」

東 尚世, MS, PharmD, BCPS, BCPPS

 現在、私は米国カリフォルニア州トーランス市の病院に臨床薬剤師として勤務し、主に抗凝固療法に携わっています。新型コロナウイルス感染のパンデミックの中、今年4月に、岩手医科大学薬学部教授の松浦誠先生より、日本の薬学生6年生に向けて、Zoomを介して、私が米国で臨床薬剤師としての現在の業務内容を紹介し、米国の薬剤師と日本の薬剤師の役割や業務内容の違いを知っていただく機会を頂きました。講義の内容と米国の薬剤師の役割について、日本の薬学生の意見について紹介したいと思います。

1) 講義の内容

*自己紹介

*米国で薬剤師免許を取得するには

*米国の薬剤師の種類と就職先

*米国の薬局/ドラッグストアーで薬剤師として働く

*ファーマシーテクニシャン

*院内の薬剤師の種類

*院内の抗凝固薬剤師として働く

*米国認定薬剤師制度

*最後に

 

2)日本の薬学生のフィードバック結果

ダウンロード - e382a2e383b3e382b1e383bce38388e7b590e69e9c.pdf

3)意見交換を通じて

*Zoomなどのバーチャルテクノロジーを介して、物理的に離れていても、海外の薬剤師や薬学生との交流をはかる有用な機会がもてると思われる。

*米国と日本では、法律や制度のなど違いはあるが、他国の薬剤師の役割や業務の違いを認識することで、現状のおかれた状況を客観視し、今後の課題など再度検討する機会になるのではないかと思われる。

*限られた時間内に、情報を提供するため、事前にアンケートで聞きたい内容をピックアップすれば良かったと思われる。

*日本では見られない、ファーマシー・テクニシャン、リフィル処方箋、薬剤師によるワクチン接種、他の医療従事者が対等な立場でチーム医療を担っている等の内容に興味をもってもらえることができたと思われる。

*米国と同様に、日本でも、7割弱がチェーン薬局やドラッグストアへ就職する。

*米国の病院や薬局の視察・見学・研修について、まずは日本で学び経験を積んでから行ってみたい意見や、英語力や金銭面で躊躇するが行ってみたい、是非、米国との薬剤師との違いを見てみたいと7割近くに興味をもってもらえたと思われる。

*日本の薬学生からの質問には、ファーマシー・テクニシャンについてもう少し詳細を知りたい、ファーマシー・テクニシャンが調剤業務を全般にするのなら米国の薬剤師は何の業務に時間を費やしてるのかという質問があった。米国では、ファーマシー・テクニシャンの存在により、薬剤師の専門性を活かした業務に時間を費やし、患者医療の提案に介入する機会をもてることを知ってもらえたと思われる。

4)最後に

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、バーチャルテクノロジーの利便性が進歩している。また、パンデミック中、不確かな状況の中、タイムリーに有効な情報共有し合うえることは重要であると思われ、今後、物理的・空間を超えて、益々、日本の薬学生や薬剤師との交流する機会が増え、お互いの理解を深め、刺激し合い、より良い、患者への薬学管理を提供できるよう、薬剤師の業務推進が出来きることを願っている。講義の最後に私の上司から「地域社会に貢献し、思いやり・情熱・誠実さをもって人々の生活の質と健康を向上させることは、どこにいても、どの職種につこうとも、患者のケアを改善するために、薬剤師の真実を羨望し、前進させる機会が常にあることを忘れないでください。」と日本の薬学生へメッセジーが送られた。改めて、一人の薬剤師として、何ができるのかを考えさらされる機会となった。

【謝辞】

日本の薬学生に米国の薬剤師について知って頂く、このような貴重な機会を頂きました岩手医科大学薬学部教授、松浦誠先生に心より感謝致します。最後まで、視聴して頂いた、岩手医科大学薬学部6年生の皆様に深く感謝いたします。

【参照】

Azuma N. My dream: Clinical Pharmacist in US. The Pharmaceutical Society of Japan. August 2011: 47(8):741-745                 

Azuma N and Yamada M. Practice of CDTM in Outpatient and Retail Pharmacy. The Journal of Practical Pharmacy. October 2011: 62(11):3588-3595       

Azuma N. Practice of CDTM in US. The Journal of the Japan Pharmaceutical ssociation. May 2012:64(5):640-641     

Azuma N. Immunizing Pharmacist in US. 53th Column for Japan Pharm.D. Club, September 29th,2010: http://pharmd-club.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/index.html

Azuma N. Activities of Clinical Pharmacist in Anticoagulant Therapy. 167th Column for Japan Pharm. D. Club, April 30th, 2020:http://pharmd-club.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-ff54b1.html

Azuma N. Board of Certified Pharmacists in US. 74th Column for Japan Pharm.D. Club, June 6th, 2012: http://pharmd-club.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/bcp-board-of-ce.html

« 第183回コラム「Ambulatory Care Pharmacist〜PGY-1レジデンシー経験を通して〜」 | トップページ | 第11回日本薬剤師レジデントフォーラムのお知らせ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第183回コラム「Ambulatory Care Pharmacist〜PGY-1レジデンシー経験を通して〜」 | トップページ | 第11回日本薬剤師レジデントフォーラムのお知らせ »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

薬学関連のサイト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ