生涯教育(CE)

« 第156回コラム「北欧の医療情報ネットワークと薬剤師業務」 | トップページ | 第158回コラム「授乳と薬について」 »

2019/06/19

第157回コラム「アメリカ医療における循環器専門薬剤師の役割」

                城戸和彦, Pharm.D., M.S., BCCP, BCPS

 2018年に専門薬剤師資格の管理機関であるBoard of Pharmacy Specialtiesが管轄する第一回循環器専門薬剤師の試験が行われ、180名の薬剤師がBoard Certified Cardiology Pharmacist (BCCP)になった。循環器医療における薬剤師の関わりは非常に重要であることから、2つの循環器医療団体が循環器薬物治療における薬剤師の役割についての指針を示している。

 まず、一つ目の指針としてアメリカ循環器学会(American College of Cardiology)が提案した循環器医療における薬剤師の役割について紹介する。1

  この指針では、薬剤師の循環器医療における役割を大まかに3つに分けている。

  1. 患者個々における薬剤師の医療への関与:患者服薬指導、薬物治療モニタリング、プロトコールに基づく薬物治療設計など
  2. 個々医療機関における薬剤師の関与:医療安全への関与、フォーミュラリー作成や編集、医療の質改善に向けた院内活動そして、研究活動など
  3. グローバルな規模での薬剤師の関与:ガイドライン作成時の関与、委員会への参加、公衆衛生業務への関与など

1番目と2番目の業務は一般的な内容と言えるが、筆者が当初驚いたことは、3番目の循環器医療ガイドラインに対する薬剤師の関与である。患者個々の医療に関わることに加えて、循環器専門薬剤師が、グローバルな視点でガイドライン作成に関与することが重要であることを再認識する。現状では、心不全、高血圧、脂質異常症など多くの循環器領域のガイドラインに薬剤師が関与しており、共著者リストに薬剤師の名前を頻繁に目にする。

 2つ目は、アメリカ心不全団体(Heart Failure Society of American)とアメリカ医療薬学会の循環器薬剤師専門グループによる合同指針である。2

この指針では、1. 入院患者医療における薬剤師の役割、2. 外来患者医療における薬剤師の役割、3. 患者ケアの転移時における 薬剤師の役割、4. 人工心臓や心臓移植医療における薬剤師の役割について示している。入院患者における薬剤師の関与は認識されているが、外来患者における循環器薬剤師の関与は今後さらに発展すると考えられる。現状では、高血圧や脂質異常症に加えて、心不全や急性冠症候群患者における薬物治療の最適化を薬剤師主導の外来クリニックで行う病院も増えてきている。さらに、注目すべき点は、臨床アウトカム研究が行われ、薬剤師の関与が治療アウトカムに及ぼす影響について調査されている事である。例えば、12個の試験を集めたメタアナリシスにおいて、心不全患者における薬剤師の関与は、有意に再入院率を低下させるという結果が示されている。3 このように、薬剤師の役割をエビデンスで示すことも、地位向上に役立つと考えられる。

 循環器薬物治療が複雑になっている中、アメリカの循環器薬剤師の役割は多岐に及ぶ。循環器専門薬剤師認定制度の設立、循環器医療団体の循環器薬剤師業務に関する指針を活用することにより、今後さらに循環器医療における薬剤師の関与や地位向上が期待される。

参考文献

  1. Dunn SP, Birtcher KK, Beavers CJ, et al. The role of the clinical pharmacist in the care of patients with cardiovascular disease. J Am Coll Cardiol. 2015;66:2129-39.
  2. Milfred-Laforest SK, Chow SL, Didomenico RJ, et al. Clinical pharmacy services in heart failure: an opinion paper from the Heart Failure Society of America and American College of Clinical Pharmacy Cardiology Practice and Research Network. J Cardiac Fail. 2013;19:354-369.
  3. Koshman SL, Charrois TL, Simpson SH, et al. Pharmacist care of patients with heart failure. A systematic review of randomized trials. Arch Intern Med. 2008;168:687-94.

« 第156回コラム「北欧の医療情報ネットワークと薬剤師業務」 | トップページ | 第158回コラム「授乳と薬について」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第156回コラム「北欧の医療情報ネットワークと薬剤師業務」 | トップページ | 第158回コラム「授乳と薬について」 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

薬学関連のサイト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ